美容やダイエットに効果的なお茶のような食品を毎日摂る

正しい方法

糖質とはどんなものかを知る

現代人は、糖質をとりすぎていると言われています。糖尿病患者はもちろん、健康な人でも糖質を制限したほうがよいといいます。そもそも、三食ごはんを食べるというのもとりすぎという人もいます。糖質といえば、砂糖やお菓子などの甘いものというイメージが大きいですが、ごはん、パン、メン類やイモ類も糖質です。糖質制限をし始めた人なら一度は耳にしたこともあるGIという値。これは糖質制限食をしている人はぜひいくつかは覚えておきたいものです。一般に、このGIが高いほど、食後の血糖値があがりやすいといわれています。できれば、低GIの食品を積極的に取り入れるとよいでしょう。例えば白米よりも玄米、うどんよりもそばのほうがいいといわれています。

それでもパンが食べたい

一般によく食べられている食パンは、高GI食品です。しかし、朝はご飯はおもたいし、時間がないときはパンがいいという人もいるでしょう。好きな主食が食べられないとなるとそれがストレスにもなってしまいます。そこで、糖質制限食として登場したパンが、玄米などの食物繊維を取り入れたものです。全粒粉パンなどもあります。一般に、黒いものほど、低GIの食品といってよいでしょう。この玄米パンが、糖質制限をしている人、そしてダイエットをしている女性にまたたくまに人気が広まりました。今ではパンやさんにも、一般のパンコーナーにも必ずと言っていいほどこのような麦や玄米を使ったパンが置いてあるでしょう。さらには、玄米クッキーやケーキなども売られています。手軽にとれるダイエット食品などにもこのGIの考えをとりいれているものが多くあります。